tel:042-541-3101/fax:042-456-8284
Instagram Twitter Facebook
私たちは、老いても快適に生き生きとした美しさを保てるよう、高齢者の装いを支援します。
理事長 蓮村 幸兌 法人理念「老いの装い支援」について

老いても尚、毎日装いたくなる気分になれるように支援するというものです。その為には5つの行動指針があります。

  • 人権と尊厳の尊重
    公平に人格を尊重する姿勢です。ご利用者の皆様の意思、生活上の自由を最大限尊重します。
  • 個別の介護、医療サービス
    身体の生理的な快感と精神的な快感の維持のため、個別ケアの四原則(快眠、快食、快便、快感)を徹底し、多職種が協力し、迅速な対応につなげます。
  • 真実の瞬間の重視
    一瞬の表情や対応で、快、不快が決まります。ご利用者様と触れ合う一瞬一瞬を真剣に、真心を込めて対応します。
  • 精鋭のプロ集団を目指します
    知識と技術と心を持った専門職(医療、看護、介護、栄養、リハビリ、ケースワーク、ケアマネジメント)を育成し、プロの介護を行います。
  • 開かれた福祉拠点
    施設を閉鎖的な空間にしないため、地域と交流を行うことで、外部への啓蒙並びに外部からの吸収を積極的に行います。知識と技術と心を持った専門職(医療、看護、介護、栄養、リハビリ、ケースワーク、ケアマネジメント)を育成し、プロの介護を行います。

『愛全園をご利用頂く皆様は第二の家族です』が創設者高津刈良の言葉です。私たちはご利用者の皆様が満足し、また、働く職員が満足できる法人を目指します。
昭和41年から、施設の方々の健康管理について医師として関わってきました。身心ともに障害があり常時介護を要する機能状態である利用者の為の施設に独自の医療体制を持つことが許されない状況で奮闘して参りました。長い年月をかけ、医療体制とリハビリ体制の充実を実現して参りました。
昨今では、看取り介護の方々が増えてきて、施設内看取り率は90%以上となっています。 苦しみのない最期を目指して、ご本人のご希望を最優先に、またご家族様の想いをしっかりと受け止めた対応を心がけて参りたいと思っております。

理事長 蓮村 幸兌