tel:042-541-3101/fax:042-456-8284
Instagram Twitter Facebook

社会福祉法人同胞互助会は、昭和23年に高津刈良によって創設されました。当時、生活施設と言いながら住んでいるご利用者のほとんどが慢性疾患を有しており、リハビリという概念がなく、寝たきりの状態に甘んじているような状況でした。昭和34年に養護老人ホーム偕生園、昭和39年に東京都第一号の特別養護老人ホーム愛全園が認可を受けてからは、在宅サービスに展開し、高齢者の尊厳を守る良質な介護、医療、栄養、リハビリ、そして楽しみを提供する歴史が新たに始まりました。

愛全園の名前の由来

愛とは奪うものではなく、与えるものであるという言葉がありますが、愛というものは二人の人間の間に共通の場を必要とし、わけ隔てなく、相互に与え合うものでなければならないと思っています。愛することを知っている人は、また同時に苦しむことも知っているといえるのではないでしょうか。なぜなら、真の愛は苦しみと犠牲なしに与えられるものではないからです。真の愛を全うする場を作りたいという想いから愛全園は誕生しました。

政治家になるか一流の社会事業家になるか

創設者 高津刈良

創設者 高津刈良

創設者高津氏は、若い頃、飲む、打つ、買うに興じて父親に勘当され、一旗上げてみせるという思いで満州に渡ります。満州では、ビヤホール、クリーニング業、競馬場内の宝くじ売り場の権利を持ち、ボクシングの興業で成功を収めた後、日本に引き揚げた昭和21年からは、吉祥寺にボクシングクラブを経営します。しかし、引き揚げまでの苦労と敗戦の惨めさや辛さが胸の中にあったのでしょう。昭和23年から同胞互助会を作り、授産事業をはじめます。厚生省から縫製作業の仕事をもらって困窮者に仕事を与えるというものです。国民が早く敗戦から立ち直る仕事をと考えていたのでしょう。日本が落ち着き、授産事業を利用する人が少なくなり始めた昭和30年頃になると、高津氏は家族に対して、「政治家になるか一流の社会事業家になるか」どちらがよいかと意見を求めたといいます。政治家は一家をあげてやらなければならないので絶対に反対という家族の意見を聞き、一流の社会事業家を目指すことを決意します。しかし財産がある訳ではありませんでした。満州時代の財産は没収されてしまいました。そのあと、妻と義理の妹たちは、美容院の経営、吉祥寺の京王電鉄のガード下にビリヤードとビヤホールの店を開き、店は深夜まで営業し資金を溜めていきます。

高齢者福祉に一生を賭ける

当時の偕生園

当時の偕生園

今まで散々悪いことをして親の死に目にも会えなかった。これからは、困っているお年寄りを親だと思ってお世話しようと、高齢者福祉に一生を賭ける覚悟をした高津氏は、商売で溜めた資金で、昭和33年、昭島市に6000坪の土地を購入し、昭和34年3月26日生活保護法による養護老人ホーム偕生園を設立しました。開所当日には、更生相談所から、65歳以上の浮浪者の方々がノミやシラミがいるからとトラックの荷台に乗せられてやってきたそうです。高津氏は、苦労して作った施設に来てくれたという思いで、浮浪者の方々一人一人に最敬礼して迎えたといいます。最初の入居者は50名でした。

当時の偕生園
当時の偕生園

昭和38年老人福祉法が制定され、国が特別養護老人ホームをつくる方向であるという情報を得た高津氏は、ヨーロッパの施設を見学に行きます。外国の多くの施設はカトリックの教えに基づき、シスター達が高齢者に奉仕している姿を目にし、とても感動したようです。宣教師だった父親の影響もあったのかもしれません。この時、特別養護老人ホームは、名古屋の病院に初めて試験的に作られたばかりでした。常時の介護を必要とする高齢者といっても、施設の設計から何から何まで検討もつかない状況でした。
昭和39年6月15日 東京都第一号の特別養護老人ホームとして認可を受けた愛全園が誕生します。全国にさきがけた草分けといえます。

愛全園発足時の介護・看護スタッフ

昭和39年 愛全園発足時の介護・看護スタッフ

『すみれ幼稚園』の園児たち

この頃から毎年訪れて下さる『すみれ幼稚園』の園児たち

上皇明仁陛下、上皇后美智子様

昭和47年、まだ皇太子だった上皇明仁陛下、上皇后美智子様がご視察に来られました。

高津氏の功績

「大聖グレゴリオ騎士団長」の称号授与

昭和48年11月
ローマ法王パウロ六世から「大聖グレゴリオ騎士団長」の称号授与

ローマ教皇庁立サレジオ大学名誉博士

昭和53年10月
カトリックの社会福祉に対する予算確保、ローマ教皇庁の大学奨励学費制度に参加し、低開発国
学生留学資金を提供したことなどにより、ローマ教皇庁立サレジオ大学名誉博士の学位を授与

※引用:愛全園の想い出 生い立ちの記
老人養護に一生を賭けて逝った夫 愛全園名誉園長 高津きくい